トップ

京都での和婚衣装とは

京都の和婚は衣装選びが重要

京都の和婚をするなら服装にこだわろう

京都で生まれ育ちました。鴨川の音を聞きながら四季を見つけ、路地を抜ける風の中に京都の粋を感じて過ごしてきました。私もこれから夫になる彼も、ずっとこの京都で暮らしていきたいと思っています。

彼も京都出身なので、生まれ育った京都で結婚式を挙げたいと思っていて、できたら和婚形式で式を挙げるのが今の理想です。ただ、お互いに式のことは詳しいわけではなく、二人で調べてみると京都の和婚にも色んな様式があることがわかりました。

私たちは神前式が希望なので一先ずは希望の和婚をプロデュースしてもらえる専門サロンに予約をするのが準備の第一歩ということに。そこで相談をさせてもらったのはワタベウェディング。ネットでサロンに予約をさせてもらって、後日二人で寄せてもらいました。

私たちがワタベウェディングを選んだのは、和婚専門の和婚プランナーさんがいらっしゃったから。サロンを訪ねた際の接客も丁寧で本当のおもてなしを受けられました。

ワタベウェディングで説明してもらった当日までの準備の流れは次の通りです。

1:挙式決定・正式申込
私たちの希望を丁寧に聞き取ってもらいました。
2:衣装・会食場所決定
衣装は本当にびっくりするくらいたくさんありました。神前式の和婚は神社で会食ができる場合ばかりではないので、参加人数などに合わせた会食会場などを相談します。
3:披露宴の詳細やオプションの相談
和婚専門のプランナーが、新郎新婦らしさを引き出す提案をしてくださったりするそうです。リハーサルやメイクなどは現地で行えます。
4:最終打ち合わせ
いよいよ挙式前日!現地で最終打ち合わせをします。挙式をする場所によっては前日にリハーサルできることも。
5:当日
担当の和婚プランナーさんの丁寧なサポートで式が進みます!